50代の仕事探しと転職方法

【50代と企業にある温度差】

 不景気によるリストラや会社の倒産など、あらゆる事情を抱えて仕事探しを余儀なくされている50代の方達が、なかなか転職・再就職出来ず非常に困窮している光景をよく見かけますが、これには、求職側と企業側の間に大きな温度差が生じる一つの背景があるようです。

 

 50代の転職・再就職を成功させるためには、その温度差を理解し攻略法を立て仕事探しをする必要があるといえるでしょうね。

 

【具体的な食い違い】

 50代には、ご自身の経験・スキルを活かしながら少しでも待遇のいいところに転職を決めたいと考えている方が多いそうですが、残念ながら、その経験とスキルは企業側へのアピールにはならず、50代というだけで不採用になってしまう方が多いそうです。

 

 では、具体的に企業側はどんな経験を求めているのでしょうか?

 

 ★ココがポイント
 ・会社に多大な貢献をしてきた実績が明確に示せる人。
 ・部下をまとめ上げ、人材育成してきたスペシャリストおよびカリスマ的人材。
 ・全くの無の状態からプロジェクトを立ち上げ軌道に載せてきたスキルの持ち主。
 ・何十億ものビッグプロジェクトの中心に立つ経験のある人。

 

 おおまかに挙るとこの4点が大きなポイントで、企業に大きく貢献できる方でなければ、最も雇用したくない年代として見られてしまうのが現状です。

 

 50代ともなれば、それだけ年月をかけて経験・スキルを積んでいると、企業側は期待しているだけに、その期待に応えられるような人材でなければ採用が難しく、この部分が求職側と企業との大きな食い違いなのです。

 

【50代の転職・再就職は無理?】

 50代の転職・再就職は難しいと言われていますが、実際の経験を自信持って発言し、企業に利益をもたらすプランニングが出来る方は、多少のことは目をつむっても採用してくれるかもしれません。

 

 ただし、企業側が求める最低ラインは超える必要もあり、いかに自己アピールが長けているかが大きな決め手となるでしょう。

 

 もちろん、例外として人柄重視な企業として販売職・営業職も存在します。

 

 販売や営業は、お客様を相手に直接やり取りする職業で、特にコンビニ経営やスーパーなどの接客業は、お客様を相手にどれだけ満足できる接客が出来るのかが求められます。

 

 人柄が重要な職種なので、スキル重視の気むずかしい人よりも50代でありながら人柄が穏やかな笑顔の似合う男性の方が採用されやいのです。

 

 今まで培ってきたプライドを捨てる勇気があるなら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

【まとめ】

 50代で転職・再就職を考えている方たちと、企業側には大きな温度差があり、基本的には前の職場で得てきた大きな経験とスキルを求められていることが多いため、最低でも企業にどのような利益を与える技術を所持しているのか明確に提示できなければ仕事を探し採用されるまでは難しいです。

 

 ただし、販売・営業職に関しては全く異なり、人柄重視のところも多いので、こだわりなければ、そちらの職種に挑戦してみるのも悪くありません。

 

 50代で転職・再就職を求める方たちが、無事仕事が決まり笑顔になれることを願っています。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
「けいれきナビ」というツールで簡単に職務経歴書が作成出来るなど会員限定機能やツールが満載で転職活動の効率もUP!